★¥10,000以上、送料無料
使い勝手の良さを受けてVAPE初心者から上級者まで多くのVAPERから重宝されるBOX型ベポライザー「iStick」シリーズの高出力モデル。
バッテリー容量を大幅に増強し対応Ω数の範囲が拡張されたニューモデル - iStick50W

~商品セット内容~

iStick50W × 1
510コネクタ × 1
USBケーブル × 1
USB充電プラグ × 1
英文取り扱い説明書 × 1



~基本仕様~

ブランド名  : Eleaf
商品名    : iStick50W kit
バッテリー  : 4400mAh
対応Ω数   : 0.2-5.0Ω
サイズ    : 縦83mm x 横45mm x 厚み23mm
スレッド口径 : 510型

バッテリー容量は4400mAhとかなりの大容量!
充電しながらVAPEができるパススルー機能を搭載しているため、小まめに充電しながら付き合えば滅多なことでは充電切れに陥らない頼もしい製品です。

バッテリー容量の増強に伴い若干サイズが大きくなりましたが、それでも掌に収まるコンパクトなサイズ感。


※iPhone5Sとの比較

最近流行りのサブΩコイルは0.5Ωや0.3Ωなどの低い抵抗値が特徴ですが、iStick50Wは対応Ω数の最小値が0.2Ωに設けられているため、使えない、といった場面は少なくてすみそうです。

またデザイン面では本体の厚みが23mmあるので、最近話題のアトマイザーを装着しても本体からはみ出ることなくスタイリッシュ





アトマイザー装着時、正面・横から見た参考図
左から Subtank Mini / Atlantis / Delta-2 / isub Tank
※推奨のアトマイザーの直径は22mm
※直径18.5mmのSubTank Nanoだと細すぎてスカスカになります。


~搭載機能~

ボルト&ワット調節機能
装着アトマイザーΩ数自動識別
バッテリー残量表示
パススルー機能

多機能が充実!機能を確認していきます。

稼働ボタンを素早く5回押すと電源がONになり液晶ディスプレイが作動します。(更に5回押すとOFFになります。)

液晶ディスプレイでは、設定ボルト/ワット数、バッテリー残量、装着アトマイザーのΩ数が確認できます。
画面左下にボルト設定時は相応ワット数が、ワット設定時は相応ボルト数が表示されます。
またバッテリーの充電量が10%を切るとバッテリーアイコンが点滅します。



ボルト/ワット数はバッテリーの側面にある”△”ボタンと”▽”ボタンから調節できます。
ワット・ボルトモードの切り替えは、稼働ボタンを素早く3回押すことで変更されます。
設定モードによって何かが変わるという事はないのでお好みでご利用ください!



次は充電方法ですが、バッテリー裏側にあるUSBポートを使い充電できます。
充電中も立てて置いておくことができる親切設計です。
※充電中は液晶ディスプレイのバッテリーアイコンが点滅、充電が完了するとアイコンの点滅が止まります。

またパススルー機能を搭載しているので充電しながらのVAPEが可能です。
iStickとパススルー機能は抜群の愛称を誇ります。是非お試しください!!

長くなりましたが、iStick50W使用にあたり基本的な仕様の説明は以上で終わりです。

JPvapor楽天 Eleaf販売ページへ

ここからは安全機能と便利機能を確認します。

~安全機能~

バッテリーの高熱を保護する安全機能
連続して10秒稼働ボタンを押したままにすると自動的に通電がストップ。バッテリーが高熱になることを防ぐ安全機能が作動します。
またバッテリーの自体の温度が70度を超えると温度保護機能が作動し、冷却のため自動的に稼働がロックされます。


※10秒連続稼働時に作動した安全機能のディスプレイ画面

アトマイザーの漏電探知機能
稼働ボタンを押した時に、液晶ディスプレイに「Atomizer Short」と表示されVAPEできない場合があります。
アトマイザーの漏電を探知したサインになので、アトマイザー本体及びコイルを締め直して再度お試しください。
※それでも直らない場合は、対象の製品をその他の製品で通電させると解消される場合があります。


~便利機能~

ワット・ボルト設定数ロック機能

日常的に使用していると、ワット/ボルト数が勝手に調節されてしまい、それに気付かずVAPEした時にドライパフを起こして咳込んでしまう。。といった場面に出くわします。
回避するため、iStickには設定ロック機能という便利機能が搭載されています。

電源が入っている状態で”△”ボタンと”▽”ボタンを同時に2秒以上押すことで、設定のロックのON/OFFが切り替わります。
ロックされている場合は”△”ボタン又は”▽”ボタンを押しても設定数が変更できません。


※Lock時の液晶ディスプレイの画面

表示モード切り替え機能

バッテリーの状態が確認できる液晶ディスプレイですが、使用方法によっては画面の表示が逆を向いて見辛い場合がありますが、
それなら液晶ディスプレイの表示を反転させてしまえばいい!ということで設けられた、表示モード切り替え機能です。

電源OFFの状態で、上下の矢印ボタンを同時に2秒間押すとスクリーン表示が180度反転します。


※液晶ディスプレイ反転時の画面


JPvapor楽天 Eleaf販売ページへ

DATE : 2015/7/21